14092311top.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたには憧れている人がいますか?そして、その人をあなたは、とても遠い存在であると思って想いを伝える事を諦めていませんか?

どんなに遠くにいる人であっても、告白する事は不可能な事ではありません。

そもそも、憧れるという事と、好きになる事は大きく違っています。

まず、「憧れの存在」とは、あなたが自分の想いを相手に知らせなくても構わないと思っており、ただ相手を応援している事によって自分が満足出来るような存在を言います。

ですが、「好きになった存在」になると、あなたは相手に自分の存在を知って貰いたいと思います。相手を単純に応援しているだけでは、決して満足する事が出来なくなります。

しかし、このままあなたが行動しなければ、あなたは相手から好かれる事も嫌われる事もなく、一生を終えていってしまいます。

そうなるよりは、たとえ相手からフラれてしまったとしても、あなたは自分の存在を、相手の記憶に刻んで貰いたいと思う筈です。

それが「人を好きになる」という事なのです。

あなたにもし、遠い存在だと感じている人に自分の記憶を刻んで貰いたいと思っているのでしたら、一度、真剣に告白をしてみる事です。

しかし、いきなり相手の前に飛び出して告白をしてしまっても、あなたの事を知らない相手はあなたの事を、ストーカーか何かかと勘違いしてしまうかもしれません。

そうならないようにする為には、どうすれば良いでしょうか?

今はあなたと相手の距離は遠いかもしれませんが、あなたも別の分野で功績をあげてみて、それから相手とまずは知り合ってみましょう。

そうしてみますと、お互いに敬意を基盤とした関係から始める事が出来ます。

以前、友情でも敬意が大切であるという事に触れましたが、恋愛でも全く同じです。

敬意の無い友人関係は偽りの友情である事と同様に、敬意の無い恋愛関係も偽りの愛情であり、決して長続きはしません。

親友と恋人の関係は、理屈は殆ど同じなのです。

相手と肉体関係が無ければ、あなたと相手は「親友」となり、肉体関係があればあなたと相手は「恋人」の関係になります。

あなたは相手と恋人の関係になりたいですか?安心して下さい。今は遠くにいると感じている相手も、全ての分野においてあなたの手が届かない程秀でているような人ではありません。

ですので、あなたが相手と違う分野で秀でる事が出来れば、あなたの望みが叶う可能性は一気に高まります。

相手の輝きに負けないくらい、あなた自身を輝き上げて下さい。

あなたには、チャレンジ出来るチャンスが幾らでもあります。

はらいかわてつや

リッチマンからの贈り物