4-german-soldiers-excecute.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたは、何か問題が起きる度にいつも立ち向かおうとせずに、逃げ回っていたのではないでしょうか。

確かに、人生で起こる様々な問題というものは、時には決して解決する事が出来ずに、いわゆる「迷官入り」になってしまうものも幾つかあります。

あなたの直面したものが、そのような問題の場合でしたら、非常に難易度が高いですので、あなたは今までのあなたの人生でしてきた事と同様に、解決する事を諦めてしまうという選択も、悪くはありません。

しかし、です。あなたは自分の人生を変えたいですか?もしもあなたがこれからのあなたの人生を変えたいと思っているのでしたら、一度だけで構いません。このような「迷宮入り」になりかねないような問題を、解決しようと努めてみてください。

私の携わってきておりました経営コンサルタントの仕事は、まさに絡まった糸を解くような仕事でした。

クライアントである経営陣の方々が、長年考えても解けなかった悩み事を解決するのが、私の仕事だったのです。

ですので、シンプルな問題というものは、1つも存在していませんでした。

予想を遥かに超えるような複雑で難関な問題を、関わる全ての仕事に与えられていました。

しかし、この時に、私が座右の銘にしていたのは、次のような言葉でした。

「どんなに複雑に絡まっても、解けない糸はない」

どのように複雑に糸が絡まっているような難解な問題でも、私は座右の銘を頭に置き、丹念に取り掛かっては解決していきました。

絡まった糸を解いていく時にとても重要な事は、「絶対に慌ててはいけない」事です。

ですので、出来る所からゆっくりと、落ち着いて解していくしかありません。

急ぎ過ぎて強引に糸を引っ張ってしまうと、糸は強固になってしまい、ますます複雑に絡まってしまいます。

ですので、複雑な問題であればある程、決して慌てず、そして急いで取り掛かってはいけないのです。

肩の力を抜き、慌てず焦らず淡々と、軽めのパンチを撃ち続けるように継続的に取り掛かっていると、ある瞬間に、問題の糸はスルリと解きほぐす事が出来るのです。

「難しい」と、問題にぶつかった時に言わないで下さい。そして、何もせずに決して逃げようとしないで下さい。

「それが出来た時に、自分はどのように成長出来ているだろうか」等と、前向きに考えて、どんな問題でも一度は取り掛かってみましょう。

慌てず焦らず取り掛かってみると、その問題は意外と、簡単に解けるものかもしれません。

はらいかわてつや

リッチマンからの贈り物