15 (2).jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたは、日々を過ごしていく中で、最近「生きている」実感が乏しいなと、感じてはいませんか?

もしあなたが、あなたの人生を華々しく、まるで物語の主人公のように生きていきたいと感じているのでしたら、今から自伝を書き始めてみましょう。

あなたは「自分の人生なのだから、物語の主人公として生きていくのなんて当たり前の事じゃないか?」と、思っているのかもしれません。

しかし、あなたの実際の現実は、どうなっているのでしょうか?

あなたは日々を生きている中で、本当は自分の人生を生きている筈なのに、まるで誰かの脇役として生きているような感覚や、他人の人生を生きているような感覚に陥る事があると思います。

そのような経験がもしも多いのでしたら、あなたの人生を小説等の他人に触れられる作品にした時に、脇役としてしか活躍出来ていないと感じているあなたは、その物語で主人公として登場し、活躍している事が出来ていると考えられるのでしょうか?

自信が無いと感じてしまったり、危機感を感じてしまいましたでしょうか?あなたのその気持ちには、今は正直で構いません。

何故ならば、世の中の殆どの人達は、自分の人生を生きている筈なのに脇役として地味に生きてしまっていたり、他人の人生を、まるで自分の人生だと思い込み、自分は他人の人生の中の脇役だと勘違いしたまま、主人公になる事を諦めて一生を終えてしまっているのです。

「自分の人生なのだから、脇役ではなく、主人公として生きたい」とあなたが感じたのでしたら、あなたの自伝を書いてみましょう。

始めは信じられないかもしれませんが、あなたが自分の今までをノートか何かに書き始めてみた瞬間に、あなたはあなたの人生を主人公として生きていく事が出来るようになります。

勿論、書いていく内容は、あなたの過去に経験した出来事ばかりではありません。あなたがこれから将来に向けて起こると考えているような内容も、予言をしながら書き連ねていけば良いのです。

書き連ねた事が、あなたの本音で書いたものであるのでしたら、未来のものであってもそれはそっくりそのまま後に現実となって、あなたはそのような人生を歩む事になるでしょう。

自伝を書いて、その内容に沿って生きてみましょう。そうしておけば、あなたは自分の人生の中で、主人公らしくないような行動を取らないようになります。

自伝で書いた物語に沿って、ヒーローやヒロインのように華々しく生きていく事は、とても楽しい事です。

自分のこれからを素晴らしいものにしたいのでしたら、自分の人生は自分でプロデュースしていきましょう。

はらいかわてつや
リッチマンからの贈り物