月別アーカイブ:2015年06月

2015年06月の記事一覧。あなたの人生を好転させる革命コンサルタントはらいかわてつやのブログ

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたは、「努力」という言葉は好きですか?もしかするとあなたも、私と同じように「本当は嫌い」だと答えるのではないでしょうか?誰..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。これまでの人生の中で何1つとして目立つような成功も成果も上げた事のないまま、何時までも地味に生きているような先輩や同僚というの..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたは今、心の中で今の会社から独立したいと考えていませんか?今のサラリーマン人生を定年まで送ろうとは思っておらず、節目を迎え..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたがサラリーマンとして、会社という集団の中で日々の仕事をこなしていると、あなたが仕事の企画を任された時に、あなたの直属の上..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。人間というのは、自分にとって不利な状況に陥ってしまった時には、ついつい自分を守る為に言い訳をしてしまいがちな生き物です。そして..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。社会人としての経験が長いベテラン社員の人にある、特にあなたがむやみに干渉する事が出来ないような目上の人達が大抵よくしてしまいが..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたがサラリーマンとして社会の中で過ごしていると、ビジネスで相手とやり取りをする際に、パソコンや携帯電話のメールを使う事が頻..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたがセールスパーソンから商品やサービスの勧誘を受け、納得をして契約をしてあげた事がきっかけで、契約が完了した後もセールスパ..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。お金は人間の社会ではとても大きな力を持っている物です。正しい使い方をすればあなたに輝かしい未来を授けてくれますが、間違った使い..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたが社会の中で様々な人達と付き合っていると、ギャンブルによる多額の借金や会社の倒産等といった原因により、後が無い程に切羽詰..

記事を読む

嫌いな事だけするのは、毎日罰を当てているのと変わらない

1.png
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたは、「努力」という言葉は好きですか?もしかするとあなたも、私と同じように「本当は嫌い」だと答えるのではないでしょうか?

誰でも、好き好んで努力や苦労なんてしたくはありません。出来れば自分のしたい事だけをして、楽に生きたいと考えるのは、人間であればどのような人でも持っている、理想の1つでしょう。

しかし、「努力」という言葉は他人から言われると、とても気持ちの良くなる褒め言葉に聞こえるものです。「あなたは努力家ですね」と誰かに言われた事に、快感を覚えたという経験は、あなたにも何度かあるかもしれません。

自分は朝から晩まで好きな事ばかりに打ち込んでいるのに、周囲からは努力しているように見えるというのは、人間の最高の人生の送り方です。あなたもそのような極楽の人生を送ってみたいと、いつも夢見ている事でしょう。

しかし、もしもそのようにあなたが送っていると、必ずと言って良い程に、あなたに対して横やりを入れてくる人達が現れます。

それは、好きな事だけを打ち込んでいるあなたに対して、「そんな風に好きな事ばかりやっていると、そのうち罰が当たって大変な事になるぞ?」等と言って、あなたの生き方を否定してくる人達です。

「人間は楽をした分だけ苦労しないといけない」、「嫌な事は好きな事よりもしないといけない」と、楽をしている人を見つける度に、彼や彼女は横やりを入れては、相手に「嫌な事ばかりしろ」と強要してきます。

何故、そのような事を相手はしてくるのでしょうか?

彼や彼女は、嫌いな事をいつもして、我慢し続けている人生を送っている、「自称・真の努力家」なのです。ですので、努力をせずに好きな事だけをしている人を許せないと感じて嫉妬してしまうせいで、そのような事をしてくるのです。

しかし、よく考えてみてください。罰が当たってしまうのは、相手が言っているように「楽をしている人」なのでしょうか?

答えは、実は真逆なのです。むしろ「自称・真の努力家」達こそが、罰を受けているのです。

しかも、罰を、相手は毎日のように受けているのです。

嫌いな事をするという事は、「罰を受ける」事と何も変わりません。したくも無い事を嫌々に無理にする事こそが、彼や彼女の言っている「罰が当たる」という事ではないでしょうか?

好きな事を出来るだけ沢山しましょう。そして、嫌な事は出来るだけせずに、楽に生きてみましょう。

もしも「そんな風に好きな事ばかりやっていると、そのうち罰が当たって大変な事になるぞ?」と「自称・努力家」の人に言われた時には、「嫌いな事を我慢している人生は、毎日罰が当たっているのではないですか?」と返して、その場から立ち去ってしまいましょう。

どうせ罰が当たるのでしたら、好きな事を沢山した後に当たってしまった方がずっと良いです。その方が、あなたは清々しい気持ちで人生を満足して送る事が出来るのです。

ご参考までに。


はらいかわてつや

人生は甘いかもしれない。

14.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

これまでの人生の中で何1つとして目立つような成功も成果も上げた事のないまま、何時までも地味に生きているような先輩や同僚というのは、あなたが働いている会社や周囲にも、必ずと言って良い程に1人は存在しているでしょう。

そのような人達は口だけはいつも達者です。彼や彼女は、このような口癖を、何かある度にあなたやあなたの仲間に対して繰り返しよく言っているのではないでしょうか。

「人生というのは、決して甘いものではないよ」

あなたは、人生は甘くないものだと思いますか?確かに、世間の「成功者」と呼ばれる人達は、他人よりも遥かに苦労を積み重ねた結果、成功を収めたのだと、ニュースや新聞等で言われていたり書かれているのを見たり聞いたりした事があるでしょう。

「何かを成し遂げて成功している人達というのは、誰もが辛い人生を歩いてきている。だから地味な先輩の言う事は、正しいのかもしれない」、あなたは今、私のこのアドバイスを読んで、そう考えてしまっているかも知れません。

しかし、成功者達の歩いてきた人生は、事実はそうではないのです。彼や彼女の本当の人生は、実はあなたが世間に刷り込まれている情報とは、全くの逆なのです。

成功者達は、辛い人生を送ったから成功した訳ではありません。むしろ、楽に楽に物事を考え、様々な事に挑戦する事を楽しみ、人生を十分に満足して生きてきたからこそ、今の充実した生活を送っているのです。

ですので、あなたがもしも成功者達に「人生は甘くないものですか?」と質問してみると、相手は口を揃えて、あなたにこう言うでしょう。

「人生は思っているよりもずっと甘いものですよ」

人生というものが果たして甘いものなのか、甘くないものなのか、どちらを信じるかは、あなたが決めてしまっても構いません。

しかし、それはあなたがあなたの人生の最後に決めてしまっても良いものなのです。

あなたがもしも先輩に「お前ね、人生はそんなに甘いものじゃないぞ」と言われた時は、こう即答しましょう。

「私がこれから、私の人生が甘いかどうかを、身を持って証明してみます」

相手はあなたの言葉と態度に、暫し呆気に取られるでしょう。その間にあなたがその場から離れてしまえば、相手はあなたに人生論を語る事を今後はしなくなります。

将来「人生は思ったより甘かった」と笑えるように、人生の前半である今の内に、様々な事に挑戦してみましょう。

あなたの人生は、あなたが自分自身で築いていくものです。ですので他人に「このような物だ」と決め付けられて良いものでは、無いのです。

ご参考までに。

はらいかわてつや

会社を辞めたら給料は10倍になる

Jessica-Biel1.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたは今、心の中で今の会社から独立したいと考えていませんか?今のサラリーマン人生を定年まで送ろうとは思っておらず、節目を迎えた頃に新しい挑戦をしたいと思っているのではないでしょうか?

あなたが現在、例え大きな会社でサラリーマンをしていても、今の時代ですと、生涯の安定を確実に遅れる保障は出来ないでしょう。それに、一度しかない人生の間にしたい事をしたいと思う事は決して間違ってはいません。私も、あなたに是非行動をして欲しいと感じます。

しかし、そんな挑戦したい事を胸の内に秘めているあなたが、節目のあるタイミングで「今だ」と感じて行動しようとすると、必ず周囲の常識のある先輩や上司等から足止めをされてしまうでしょう。

「そんな選択をしたら、取り返しのつかない事になる」、「今のままで良いじゃないか、そんな無謀な事は辞めなさい」等という、あなたの挑戦を妨害する言葉を、あなたに向かってシャワーのように浴びせかけてきます。

しかし、この程度であなたが相手の言葉を受けて、挑戦に対して不安を感じてしまうようでしたら、そもそもあなたは新しい事に、何も挑戦すべきではありません。

会社を辞めて新しい事に挑戦するという事は、ゼロから全てを再スタートする事です。それはサラリーマンという職業をしている人達にとっては、今の時代でもやはり非常識な行動だと考えられてしまう事です。

しかし、あなたの挑戦したいという想いが強いのでしたら、是非ともそのような言葉に屈せずに、挑戦をすべきです。

挑戦というものは、周りの反対に心を揺らさず、足止めの言葉のシャワーという実カテストに屈せずに合格した者だけがする事が出来る、特権です。

それに、あなたが例え挑戦を諦めてサラリーマンのまま過ごしていても、あなたの年収を今の10倍にするには、40年後に会社の頂点に上り詰めていないといけないのです。

しかし、あなたが挑戦を選択し、今の会社から独立をしたらどうでしょう?数年後にはあなたの年収が、今の10倍になっている可能性があります。

これこそが、挑戦をしたか否かの大きな差になる事なのです。

しかし、直ぐに挑戦をする事は無鉄砲過ぎて危険です。今の状態を先ず、ありがたい状態だと思いましょう。あなたが今、定期的に収入のあるサラリーマンである内に、あなたの年収を10倍にする準備をしておき、節目のタイミングを待ちましょう。そしてタイミングを見て行動を起こした時には、反対の意見に対しては「この言葉に屈さなければ、自分には10倍の年収が待っている」と思うようにしましょう。

今の状態に満足をせずに、上へ上へと目指そうとする向上心のある人だけが、お金と心の満足を手に入れる事が出来るのです。

ご参考までに。

はらいかわてつや

トロい上司の判断を待つ必要なんて無い。

15.png
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたがサラリーマンとして、会社という集団の中で日々の仕事をこなしていると、あなたが仕事の企画を任された時に、あなたの直属の上司に企画を通さないといけないというストレスに度々悩まされる事があるでしょう。

その時に最もあなたにストレスを与えてしまっているのは、あなたが折角「これは素晴らしい内容だ」と確信出来る企画をしても、あなたの上司がなかなかGOサインを出してくれず、何時までも長々と検討をされてしまう事でしょう。

そして、何時までも検討された結果、仕事に手を付ける事が出来るタイミングを逃し、その仕事が成功しなかったという事も、多々あったかもしれません。

ですが、あなたの上司の判断を待たずに行動をしたとしても、後から長々と説教をされてしまうでしょう。それもあなたにとっては大きなストレスとして感じてしまう事かもしれません。

あなたは企画を任された時に、上司を通すか通さないかの、どちらを選んで行動していますか?大抵は「通す」でしょうが、後者を考える事も多いのではないでしょうか?

あるいは、どちらもストレスを感じてしまいますので、いつも随分と迷んでしまっているではないでしょうか?

是非とも、今後は「通さない」選択を選びましょう。その事を私は強く勧めさせていただきます。

何故なら、私自身がその選択をしたからです。そして、その選択をした事が、私が今の人生を歩むキッカケになったからなのです。

私は今まではあなたのように、何の企画を任されても上司を通して仕事をしていました。しかし、ある日を境に、上司の判断を待たずに行動する仕事のやり方を選択するようにしました。その時に、上司の判断を待たずに企画を自分で通して行動をした際に、その企画が大きな成功を収める事が出来た事があったのです。

その時に、当然私は上司に呼び出され、長々と説教を受けさせられました。しかし、「どうして一言でも良いから相談をしなかった?」と問われた時に、私は「あなたの判断を待っていると、この仕事は成功が遅くなるからです」だと、上司に即答していたのです。

この事こそが、私の人生が変わった瞬間だったのです。

その後で当然苦労もありましたが、私は自分の選択を間違ってはいないと確信しています、そしてもう一度生まれ変わって再びサラリーマンとして働いても、同じ選択をすると決めています。

上司の判断を待っている間に、あなたの折角の企画は成功出来なくなってしまいます。ですので成功の可能性を失う前に早め早めに行動をしてしまいましょう。

あなたが優秀なの実績を残してしまえば、その後にされる説教はこの上ない快感だと感じるものに変わるのです。

ご参考までに。

はらいかわてつや

話の長いヤツには、「結論から言え」と伝える

61.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

人間というのは、自分にとって不利な状況に陥ってしまった時には、ついつい自分を守る為に言い訳をしてしまいがちな生き物です。

そして、それは実は特に、「仕事が出来ない」と周りから評価されているような人間が多くの数でしている事でもあります。

「仕事が出来ない」人に限って、仕事上で自分に不利な事態が起きた時に、直ぐに言い訳をしようとしてしまうのです。

では、彼や彼女は、何故「仕事が出来ない」と、他人から評価されてしまっているのでしょうか?

それは「言い訳する人生」を相手が自ら選んで送ってきているから以外の何物でも無いからです。不利な状態になった時に、誰かや何かのせいにして責任転嫁をしようと目論む余り、言い訳ばかりをいつも考え続けてしまっています。

その結果として、仕事そのものが出来ない人間になってしまったのです。

「仕事が出来ない人」はいつも言い訳ばかりをするので、仕事に対してやる気がありません。ですのでその極め付けと言って良いような行動を、彼や彼女はついついしてしまうのです。

それは、「ちゃんと説明をしたいのですが」等と言って、あなたや会社の仲間達の忙しい時に限って、仕事に対する説明をしようと声を掛けてしまう事です。

このような相手の行動は、その仕事が成功しなかった時に、後に「説明をさせて貰えなかったから」という言い訳にされるような危険があるモノです。それが相手にとってのタイミングが良いのでしたら特に咎められるような事ではありませんが、言い訳ばかりしている人に限って、他人の都合には合わせようとしないという特徴を持っています。

しかも、「仕事が出来ない人」に限って、話をズルズルと長くしようとします。そんな人の話を真面に聞いてしまっていると、あなたの仕事にまで影響が出てしまいます。

話の長い人に捕まりそうになった時には、「先ずは結論から言ってください」と伝えるようにしましょう。

しかし、相手は何分空気を読めない人です。あなたがそのように伝えたとしても、相手はなおも長い話をしてこようとするでしょう。

その時は「理由を一つだけ教えてください」と、相手に伝えてあげるのです。

話の長くなる人は、あなたが真面目に話を聞いてあげるから長くなるのです。ですので、あなたが適度に話を区切ってあげれば、相手も長々と話をしようとはしません。

あなたが後に仕事に対して言い訳をしないようにするには、言い訳の元になるような事を相手にさせないようにする事が大切なのです。

ご参考までに。


はらいかわてつや

金曜の夕方に仕事のメールを送られたら「自分だけ休むつもりか?」と返信する

1 (2).jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

社会人としての経験が長いベテラン社員の人にある、特にあなたがむやみに干渉する事が出来ないような目上の人達が大抵よくしてしまいがちである、ビジネスでの間違っている習慣があります。

それは、金曜日の夕方頃に、得意先やあなた等に対して「月曜日の朝までに返事をくだされば結構ですので」というメッセージを、仕事に関するメールにさりげなく加えてくる事です。

これは、一見「余裕を持ってこの事について、月曜日の朝までに判断をしてください」という、相手に気を使ったメッセージだと考えてしまいがちでしょう。

しかし、実際の意味は全く逆なのです。このようなメッセージを送るという事は、つまり、相手にとっては月曜日までに、要件に関しての決断をするように脅迫している事と変わらないのです。

土曜日・日曜日というのは、大抵の会社員にとっては休日です。仕事から身を離れ、それぞれのプライベートを満喫し、心身の休息を取って月曜日から会社で元気に働く為の意欲を養っています。

それは、メールを送った人間も同じようにしている事です。しかし、返事を強制された相手は違うのです。仕事の返事を決めるという事に精神を使えと強制されてしまっており、折角の休日を外出先や家で過ごしていても、頭の中で仕事をしないといけなくなってしまっています。

つまり、「月曜日までに返事をください」とは、「私は休みますが、あなたは土日も働いてください」という、失礼極まり無い態度をメールの中に潜ませている事に、他ならないのです。

世の中で成功者と呼ばれる人達は、このような失礼な事を相手にはしませんし、勿論相手にもさせません。なぜなら彼らは感性が鋭いですので、このようなメールの意味を一瞬で見抜く事が出来るからなのです。

もしもあなたに取引先等からこのようなメールが送られてきた時に、また、あなたが取引先にメールを送る時には十分に注意をしましょう。

送り相手があなたにとって大切だと感じている人の場合は、「自分だけ休むのですね?」と、仕事に対する軽視と共に無意識の失礼をしているのだと、相手に忠告して気付かせてあげてください。

しかし、あなたが相手を特に大事ではないと感じているのでしたら、金曜日の夕方にメールが届いていても、悠然と月曜日の朝に「今メールを拝見しました」と返信をしてしまいましょう。

金曜日の午後に送ったメールは、月曜日の午前中に送ったメールと同じ扱いにしましょう。金曜日に仕事のメールを貰ったからと言って、あなたの土曜日と日曜日を犠牲にする必要は無いのです。

ご参考までに。


はらいかわてつや

メールの返事を求められても、面倒臭ければ返事しない

60.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたがサラリーマンとして社会の中で過ごしていると、ビジネスで相手とやり取りをする際に、パソコンや携帯電話のメールを使う事が頻繁にあるでしょう。

また、普段の生活の中でも、相手と向かい合って直接話す事以上に、メールを使って交流をしている事が、今の時代では多くなっているでしょう。

しかし、仕事や普段に相手とメールでのやり取りをしている時に、あなたを含めた多くの人が、面倒臭いと感じている事が1つあります。

それは、メールで「返信してください」と相手から強制された時に、たとえ仕事や用事が無事に終わった後であっても、相手に何度も何度も連絡を繰り返さないといけなくなってしまう事です。

必要でない連絡を頻繁にしないといけないという事ほど、あなたの精神が無駄に削られてしまう事はありません。

しかし相手が長年あなたが付き合っているような重要な取引先や親友なのであれば、普段からの細やかな連絡は今後の仕事や付き合いを任せて貰う為に必要になるものです。信頼関係を繋げて置く事はビジネスでもプライベートでも大きな力になる事であり、相手も気配りを細やかに出来るあなたを非常に高く評価してくれるでしょう。

ですが、相手がその仕事だけやその時だけ付き合った関係である人ならば、話は別です。何故なら、用事が終わった途端にあなたと相手は、今後お互いがお互いを必要になる事が起きる可能性が殆ど無いからです。

そのような相手が送りつけてくるお節介な一方通行の問い合わせに対して、あなたがメールの返事を要求されるのは、非常に窮屈に感じる事でしょう。

それがたとえ仕事上であると相手が伝えてきていたとしても、あなたと相手との正式な付き合いが終わっているのであるのでしたら、それ以上付き合いを強いられる筋合いはありません。

大切でも無い人から返事を要求されると、嫌気を感じてしまって返事をしなくなってしまう人は、世の中には非常に多くいます。

ですが、メールを強要する人達は、その事実に気付こうとしないのです。

メールの返事を求められても、面倒臭ければ返事しなくても構いません。それでも相手が「どうしてメールの返事をくれないのか」としつこくメールを送ってくるのでしたら、正直に「あなたにメールを返すのが面倒臭いからです」と返信して、相手に身勝手な態度をしているのだと気付かせてあげましょう。

メールはあなたの生活を便利にする為にあるものです。決して、不便にする為にあるものではありません。

返事が必須ではないメールに対しては、返事をしないか、返事は一度までと決めておきましょう。

ご参考までに。


はらいかわてつや

執拗に紹介を頼み込まれたら、嫌だと答える

42.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたがセールスパーソンから商品やサービスの勧誘を受け、納得をして契約をしてあげた事がきっかけで、契約が完了した後もセールスパーソンやサービスの会社からアフターケアを含めた連絡の取り合いを今でもしている事は、あなたも現在進行形でしている事でしょう。

しかし、あなたが折角相手と契約を結んであげたのにも関わらず、契約後の連絡の中で何度も「あなたの知り合いに、このサービスを紹介してください」と、相手から執拗にお願いをされる事に、あなたも幾度となく悩まされているという経験も、現在進行形であるのではないでしょうか?

あなたはセールスパーソンにとってはサービスに契約をしてくださっている大切なお客様の筈です。それなのに、あなたの知り合いに契約しているサービスを自分に紹介しろと伝えてくるという行為は、まるであなたという大切な筈のお客様に対する感謝の気持ちを、忘れているかのような失礼な態度を取っているという事です。

では彼や彼女は、何故そのような失礼な態度をあなたのような契約者達に取っているのでしょうか?

それは、一度、あなたにしているような行為を他の契約者に行った所、紹介を貰ったという経験があるからです。

契約者から次の契約者を紹介して貰う事が出来た人間は、次から契約者から紹介をして貰う事が当たり前だと勘違いするようになります。

そして紹介をこちらがしないと知った途端に、契約をしてくれたお客様をゴミを捨てるようにぞんざいに扱い始めるのです。

傲慢で、客商売をしている側としては非常に悪い心構えです。ですのであなたがセールスパーソンから「あなたの知り合いに、このサービスを紹介してください」等と次に言われた時は、早い段階で「嫌です」と即答して、立場をわきまえて貰いましょう。

しかし、それでも傲慢な態度を取ったままのセールスパーソンの場合、あなたの言葉を無視して、更に紹介を強請ってくるでしょう。余りに執拗にしてくるようでしたら契約を破棄してしまいましょう。そして担当者の態度について、相手の会社の本部にクレームの連絡を入れてしまいましょう。

あなたが早い段階で断ってしまうと、主導権を握る事が出来ます。しかし、対応が遅くなると、何分相手は傲慢ですので逆恨みをされてしまいます。

主導権を握る為に、対応は直ぐに行いましょう。

契約した相手を大事にしないようなセールパーソンは、ビジネスマンとして失格です。相手の会社を含めた今後の為にも、間違った対応には早めに厳しいお灸を吸えてあげましょう。


ご参考までに。


はらいかわてつや

親友から「お金を貸してくれ」と言われたら、友人リストから外す

59.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

お金は人間の社会ではとても大きな力を持っている物です。正しい使い方をすればあなたに輝かしい未来を授けてくれますが、間違った使い方をしてしまうと、あなたの持っているあらゆるものを、一瞬で壊してしまう恐ろしい物です。

他人から借金をするという行為は、そんなお金の最も間違った使い方の1つです。

あなたが通常、知らない他人から借金を願われた時は、直ぐにでも断るでしょう。しかし、あなたが例えば親友から「10万円を貸してくれ」とお願いされたら、どういう対応をしますか?

10万円という金額は、それほど多額でも無く少額でもない、実に微妙な金額です。ですので、あなたは「親友の頼みだから」と、簡単にお金を渡してしまうかもしれません。

決してそんな事をしてはいけません。実はこの微妙な金額を巧みに衝いてくる事が、借金を簡単に繰り返し、全てを失うような人生を送っている人間達の共通点なのです。

借金を繰り返す人達は、あなたを含めた知り合いの人達から借りるお金を借金とは思っていません。それが10万円という微妙な金額なのもありますので、借りた瞬間にお金を自分の物だとして、人から借りたという事実を受けた恩ごと忘れてしまいます。

相手は、膨大な数の人間から10万円を借りる事を繰り返しています。そして借りた人間には最初から返す気など毛頭ありません。

つまり、ハッキリと言ってしまうとあなたは相手に騙されているのです。ですので、相手があなたに声をかけた時点で、それが親友であったのでしたら、あなたの中で相手を友人リストから直ぐに外してしまうべきなのです。

親友とは、簡単にお金を貸し借りしても良いという便利な関係ではありません。ですので、どんなに小さなお金でも、「貸して欲しい」と頼まれた時には、「二度と声をかけないで欲しい」と伝えて、相手との縁を切る覚悟を持ちましょう。

しかし、あなたが相手を大切に思っているのでしたら、お金によって折角の絆を壊したくはないでしょう。ですので、相手が自らあなたとの絆を壊そうとしている事を、あなたが断る事で気付いてくれる、1%の可能性に賭けてみるのです。

あなたがどんなに成功してお金を得ても、詐欺にかかってしまうと一瞬で今まで登ってきた様々な物から転落する人生を送ってしまいます。借金を願ってくる相手が例えあなたの親友であっても、世の中での「お金」という物の厳しさを知り、そして相手にも十分に知って貰う事が、あなたが相手と素晴らしい人間関係を築く為に必要な事なのです。

ご参考までに。


はらいかわてつや

「良い人」になってはいけない

58.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたが社会の中で様々な人達と付き合っていると、ギャンブルによる多額の借金や会社の倒産等といった原因により、後が無い程に切羽詰っているような他人が最後の頼みの綱にしがみ付くように、あなたに「助けて欲しい」と懇願をしてくるような事もしばしばあるかもしれません。

しかし、相手があなたにとって親友以上にかけがえのない存在であるのならなおさらに、どんなに懇願されても相手を助けようとしてはいけません。

「いや、しかし困っている時はお互い様と言うじゃないか」、「そんな酷い事をするのは、人間として最低だ」等と、もしかしたらあなたは私のアドバイスに対して憤りを感じているかもしれません。

実は、そんなあなたのような「良い人」である程に、人は他人のせいで自分の人生を台無しにされてしまっているのです。

「良い人」というのは、いつも他人の為、他人の為と考えて自分を二の次にして何事も判断をしてしまいます。

そのせいで、本来はしなくても良い余計な借金を相手の為にしてしまったり、周囲を不幸から救う為に、自分が不幸を代わりに安請け合いして背負ってしまっているのです。

あなたの他人を想う心優しい性格は、人としては素晴らしいでしょう。ですが、他人の為にもあなたの為にも決して良い性格という訳ではありません。

相手が可哀そうだとどんなに思ってしまっても、情に簡単に流されてしまってはいけません。なぜなら、あなたがその人を助けてしまった瞬間に、相手もあなたも100%幸せな未来を歩む事が出来なくなってしまうからです。

切羽詰った状態の相手に懇願されても、「嫌です、自分で何とかしてください」と即答して、しがみ付かれている手を振りほどいてしまいましょう。

あなたが断ってしまう事によって、相手の人生は転落の一途を辿るだけになってしまうかもしれません。しかしあなたが「自分で何とかしなさい」と伝えて断ってあげた場合、僅かな可能性ですが相手はあなたに見捨てられた事がキッカケで、自力で今の状態から脱出を果たすことが出来る場合もあるのです。

「良い人」というのは、実はあなたが楽な気持ちになるだけの性格なのです。ですので、あなたが「良い人」という状態に直ぐに逃げようとしてはいけません。

切羽詰まった相手に対しては、見捨ててしまう選択も結果として相手を助けている事になるのです。あなたに助けを求めてくる相手を、あなたが本当に大事に想っているのでしたら、この事をよく知っておいてください。

ご参考までに。

はらいかわてつや

LINE@に登録すると・・・



現金十万円が手に入る
マニュアルをプレゼントします。



応募は今すぐ登録

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
@richbrain

先着10名限定プレゼントなので、
お早目に!

Copyright © はらいかわてつや All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます