負け犬の群れから抜け出すためのマインドセットのカテゴリ記事一覧

あなたの人生を好転させる革命コンサルタントはらいかわてつやのブログ

  • ホーム
  • »
  • 負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット

カテゴリ:負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセットのカテゴリ記事一覧。あなたの人生を好転させる革命コンサルタントはらいかわてつやのブログ

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたがサラリーマンとして毎日を会社で過ごしていく中で、ある協力が必要な仕事をする際に、幾度となく部下や仲間といった他の人に対..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたの勤めている職場に、遅刻を頻繁にするような人はいませんか?もしもそのような人がいるのでしたら、相手との付き合い方を、この..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたは日々サラリーマンとしてビジネスで真剣勝負をする毎日を送っていると、必ず何度か「これは絶体絶命の状態だ」と思うような、大..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたが普段、会社で勤務をしていたり日常の生活を送っている中で、幾度となく大きな決断をしなければいけない場面に遭遇した事がある..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。人というものは自分の地位・名誉・安全などを守ろうとして、保身的になってしまうと、何に対しても挑戦というものを全くしなくなってし..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。あなたはサラリーマン人生を送っている中で、あなたが働いている部署内等で誰かが成果を上げて評価されている場面に何度も遭遇している..

記事を読む

負け犬の群れから抜け出すためのマインドセット
こんにちは、はらいかわてつやです。サラリーマンとして会社で毎日仕事をしている中で、何が一番愚かでバカバカしい事かと言いますと、「周囲が未だ残っているから。あの人..

記事を読む

ガタガタ言う奴には仕事をさせるな

3.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたがサラリーマンとして毎日を会社で過ごしていく中で、
ある協力が必要な仕事をする際に、幾度となく部下や仲間といった
他の人に対して指示を与えた事があるでしょう。


その時に、あなたが何か指示を出す度に直ぐに取り掛かろうとせず、
やたらと食い下がってきては、「ここが納得いきません」や
「どうすれば良いのですか?」等と、それをやる理由をいちいち細かく
聞いてくるような人が必ずといって良いほどにいる筈です。


何故彼や彼女は、そのような事を平然と言うのでしょうか?


実はその人達の本性は、単に自分がそれを「やりたくない」からなのです。

ですのであなたに「それをする理由」を聞いて、
自分が仕事をする時間を出来るだけ遅くしようとしているだけなのです。


要するに、単純に臆病者なのです。

あなたの指示の内容を自分が出来るかどうかに余りにも自信が無いから、
出来るだけ関わりたくないと思っているからゆえの手段をしているだけなのです。

しかし、そうされてしまっていると、あなたのしないといけない仕事が
その相手のせいで何時までも出来ずに止まってしまいます。

相手に指示を与えた時に「ここが納得出来ないのですが」等と
何時までもグダグダと時間稼ぎのように言ってきた時に、
あなたは相手に対してどのようにすれば自分の仕事をする事が出来るでしょうか?


答えは非常に簡単です。

「じゃあ、君はもうこの仕事をやらなくても良い」と言い、
あっさりと協力を断ってしまいましょう。

そしてやる気のある他の人を探して仕事を与え、
その人に成功のチャンスを与えてしまいましょう。


仕事を任せて貰えると事とは、あなたも十分御存知でしょうが、
相手に「自分の力を認めて貰っている」からこそさせて貰える事であり、
非常に名誉でありがたいものなのです。

それなのにその機会を自ら嫌がって逃してしまうという事は、
信頼してくれる相手を裏切り、同時に成功を逃してしまう事と変わらないのです。

これは相手にとっても今後サラリーマン生活を送るにあたっては、良い事ではありません。

ですので、仕事を任される事を辞退するという事が
どれだけ惜しいものなのかという事を、
相手に一度、痛感して貰いましょう。

任せて貰う仕事が自分にとって納得出来るものなのかというのは、
実際に責任を持って行動をしてから追求し、実感するようなものなのです。

自分から任される仕事に納得しようとする人にだけ、チャンスは与えられるものです。

やる気のない人に仕事を任せる必要はありません。

任せる仕事に対して意欲のある人に、仕事を任せましょう。

そのほうはあなた自身も、仕事に対してやる気が満ちてくる筈です。

ご参考までに。

はらいかわてつや

言い訳ばかりのカスは損切りをしよう。

20110828nakata05.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたの勤めている職場に、遅刻を頻繁にするような人はいませんか?

もしもそのような人がいるのでしたら、相手との付き合い方を、
このブログを読んだ後から、改めるようにしてみましょう。


遅刻をした人というものは、自分中心に物事を考えてしまっています。

極端にいうとこちらが何かを言った時に逆ギレをしやすい、尖った精神状態でいます。


そのような精神状態ですので、
こちらを散々待たせておきながら、
何故か被害者面をしています。


実際にあなたの職場で遅刻を頻繁にする人も、そのような人の筈です。

あなたや上司が「どうして遅刻したんだ」と相手に問いただしてみると、
「車が渋滞していた」、「電車が延着したから」、
「人ごみに巻き込まれたから」等と言ってくるでしょう。

「私は遅刻を本当はしたくなかったのに、
誰かや何かによって遅刻をさせられた被害者なんだ」

と、平然と言い放っている筈です。



非常に始末が悪いとは思いませんか?


言い訳を散々している彼や彼女は、「ごめんなさい」といったような、
子供でも出来る素直な謝罪をなかなかしようとしませんし、それが出来なくなっています。


最悪の場合は、「会社に電話したのに繋がりませんでした」、
「遅れるとメールをしておきましたが?」等と、
自分が遅刻したのにも関わらず、こちらに責任を押し付けるような事を言って、
ふんぞり返っているのではないでしょうか?


何故そのような事を平気でするのでしょうか?それは、
「何か言い訳をしないと不味い」という風に、
追い込まれている自分を周りから守ろうとしているからです。


要するに、自分が後ろめたいからという罪悪感を、
何かのせいにして消し去ろうとしているからに、他ならないのです。


自分勝手で、社会人としても宜しくはない態度だと思いますよね。

ですので、そんな相手には、始めはとりあえず黙って言い訳を聞いてあげましょう。

ですがその後に、「遅刻ですね」と相手に聞こえるように囁いてあげましょう。


それでもしも相手が
「そうですね。申し訳ありません」
と素直に謝罪をしたのでしたら、
今後は遅刻をしなくなるでしょう。

しかし、それでも謝罪の一言が聞けないとなりますと、
相手は今度も同じ事を繰り返します。

決して遅刻をしてはいけない重大な仕事でも
遅刻を平然とするような人間なのでしょう。

そのような人とは早急に縁を切るべきです、
そのまま付き合いを辞めてしまいましょう。

遅刻した際の相手の態度によって、
これから相手と付き合うか否かを決めてしまっても構いません。


ご参考までに。

はらいかわてつや

絶体絶命のチャンス

38.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたは日々サラリーマンとしてビジネスで真剣勝負をする毎日を送っていると、必ず何度か「これは絶体絶命の状態だ」と思うような、大きな問題に直面するような場面に遭遇した事があったでしょう。

今も、あなたはその状態になっているかも知れません。そして、そのような事は、今後もしもあなたがプロジェクトを仕切るリーダーや経営者になった時には特に、日常茶飯事になるものなのです。

ビジネスで行うプロジェクトというものは御存知かも知れませんが、あなた1人だけで行うものではありません。あなたが多くの人達に協力を求め、共に1つの事に挑戦し、成功へ向かって行うものです。

ですので、多くの人間が関わる分、大きな問題にも非常に直面しやすいです。

そんな中であなたを含めて参加している全員が問題を解決する事を諦めてしまったらどうなるでしょうか?その瞬間に、プロジェクトは失敗となってしまいます。

あなたはいつも何をするにも成功をしたいと考えるような人なのかもしれません。しかし、あなたも私も、あなたのプロジェクトに参加する他の人達も、運命を自在に決められるような神様ではありません。

ですので、我々は全ての仕事に対して100%必ず成功させる事なぞは、出来やしません。失敗する可能性は成功と同じくらいの確率で、どんな事にもあるのです。

あなたのプロジェクトは失敗をしてしまうかも知れません。しかし、直ぐに挑戦する事を諦めてしまわないでください。諦めてしまうとそれでこそあなたのプロジェクトは大失敗になってしまいます。諦める時はどうしようも無くなった時、すなわちあなたの挑戦の最後の最後の時で構わないのです。

歴史の中では、物事が大きく変わる瞬間というものがいくつもあります。それらはいつも、関わっている人物が行動をしている中で絶体絶命の場面に直面した瞬間に起こっているものです。

あなたが指揮するプロジェクトや、その他の大きな仕事をする中で、「絶体絶命の状況だ」と感じるような問題に遭遇したとしましょう。その時に周囲が「無理だ」「諦めてしまおう」等と言って挑戦に狼狽え始めた時には、あなたも大変不安に思ってしまうでしょう。

しかしその状況に陥ったという事は、実は、逆に相対的に突出する事が出来るチャンスが訪れているという事なのです。

絶体絶命の状況は、あなたが歴史に名を残せる大きなチャンスだと思いましょう。たとえ失敗してしまう危険が大きくても諦めずに、仲間達と共に成功に向かって挑戦を続けてみましょう。

ご参考までに。

はらいかわてつや

即断即決せよ

37.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたが普段、会社で勤務をしていたり日常の生活を送っている中で、幾度となく大きな決断をしなければいけない場面に遭遇した事があるかもしれません。

その時に、あなたはいつも素晴らしい決断をしたでしょう。しかし、その度々に折角あなたが良い決断をしたと思っているのにも関わらず、「もっとよく考えたほうが良い」、「慎重になりなさい」等といった、お節介な横やりを入れてくるような人達が、あなたの周りには必ず存在していた筈です。

そして、その時に相手の言葉を鵜呑みにしてしまい、折角の成功する為のチャンスだったにも関わらず、検討をしてしまったせいで機会を逃してしまった事も、あなたには多かったのではありませんか?

今後は決して彼らの言葉を鵜呑みにしてはいけません。ハッキリ言ってしまいますが、何かと直ぐに「検討しろ」と言ってくるような彼や彼女達は、別にあなたの事を本気で心配しているから横やりを入れてくる訳ではありません。

その証拠になりますが、あなたに検討を勧めてくるような人達は、仮にもしあなたがその決断によって大きく成功した時にどうすると思いますか?その時は大きな確率で、あなたから何かしらの恩恵を受けようとして群がってくるか、陰口を言ってあなたを非難し始めるかのどちらかの行動をするでしょう。

つまり、決断する勇気がそもそも、その人達は全く持っていないのです。ですので自分では選択と行動をする事が何も出来ず、それをする事が出来るあなたを羨ましいと思っています。ですので嫉妬心からそれを自分より先にさせまいと、あなたを妨害しようとしているだけなのです。

あなたはいつも物事の結論を出すまでに、あなた自身とても良く考えてから決断をしている筈です。それにも関わらず、更にじっくり考える事は、全くの無意味です。そのような事を決してしてはいけません。

あなたがそうしているにも関わらず、それでも周りがあまりにもしつこく検討を勧めてくる場合もあるかもしれません。その時は、「じっくり考えていたらチャンスが逃げてしまうよ」等と言って、周りも動かそうとしてあげましょう。

その時に、「よし、自分もしてみよう」と相手が思ったとしたら、その人はあなたの心強い応援団になってくれるでしょう。

検討を延々としないでください。決断したからには、行動をしても全く構わないのです。

そして執拗に検討を勧めてくるような人がいた時には、むしろそれをしても良いという「GOサイン」を、相手から貰っているのだと考えるようにしましょう。

はらいかわてつや

保身的な人間に合わせるな

35.png
こんにちは、はらいかわてつやです。

人というものは自分の地位・名誉・安全などを守ろうとして、
保身的になってしまうと、何に対しても挑戦というものを全く
しなくなってしまいます。

非常に悪い性格だと感じます。

しかし、残念ながら、このような性格を
治せるような薬や方法は、何もありません。


あなたの職場や周囲にも、このような状態に陥っている
上司や先輩や仲間等が多く存在しているのではないでしょうか?

保身的な考え方に走っている上司や先輩に対して、
あなたが幾ら何とかしようとしても、彼や彼女の性格を変える事は、
他人の事ですので非常に難しいです。

だからといって、そのように何も挑戦をしない人の傍で
あなたが何時までも過ごしてしまっていてはいけません。

そうしていると何時しかあなた自身も保身的な考え方になってしまい、
何も刺激の無いつまらない人生を送ってしまいます。

あなたの人生には沢山の挑戦の機会があります。

ですので、地位や名誉惜しさにそれらの芽を出させる事無く
埋め消してしまうなんて、非常にもったいないです。

今の状態からは今すぐ抜け出して下さい。

では、どうすればあなたは、そのような人々の
群の中から抜け出す事が出来るのでしょうか?

画期的な方法が、1つだけあります。

新しい挑戦が出来るチャンスに遭遇した時に、
「では、私がそれをやります」と言って、早急に行動をしてしまう事です。

ただし、保身的な人があなたの上司の場合、
「前例が無いから」等という言い訳をして、
あなたに協力しようとはしないでしょう。

その場合は上司は何時まで待っても動こうとはしませんので、
待つ事はせずに上司の上司や、あるいは社長等を説得して協力を促してみましょう。

あなたの行いを上司が無礼だと評価してしまい、
相手の怒りを買って万が一あなたが左遷をされてしまったとしても、全く構いません。

何故なら、保身に命を掛けているような上司の下で
あなたが何時までも過ごしてしまっていると、
あなたの人生は死んでしまっているのと変わらないからです。

前例がない事は、すなわち成功へと繋がるチャンスです。

あなたが人生において成功出来るチャンスは、
挑戦しないと成果には繋がりません。

そのような素晴らしいチャンスを、
飛びこまずに見過ごしてしまうのはもったいです。

保身的な考えを持ってはいけません。

そして、もしもそのような考えの人に邪魔をされて
挑戦をさせて貰えないのでしたら、
転職して彼らとの縁を切ってしまう覚悟で
挑戦してしまおうと決めてみてください。

ご参考までに。

はらいかわてつや

口だけ野郎にはドロップキックをしよう。

36.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

あなたはサラリーマン人生を送っている中で、あなたが働いている部署内等で誰かが成果を上げて評価されている場面に何度も遭遇しているでしょう。その時に成果を上げた彼や彼女の提案したアイデアに対して「あのくらい俺だって考えていたよ」というような、口先だけの言い訳を他人がしている場面にも何度も遭遇し、そのような言葉を何度も耳にしているかもしれません。

もしかしたら、あなた自身も何度か、そのような場面においてそのような言葉を口にしてしまっているのかもしれません。

そんな事は今直ぐに辞めて下さい。何故なら、そのような言葉が口癖になっている人達の中で、社会で成功を収めているような人は、この世には誰一人として存在してはいないからです。

実は世の中というものには、あなたを含めて頭の中に素晴らしいアイデアを豊富に持っている人達は、あふれ返る程の数がいます。

ですが、いつの時代でも折角沢山の素晴らしいアイデアを持っているにも関わらず、それを現実のものにする為に行動を起こす事が出来る人は非常に少ないです。ゆえに、それを実現出来た人は社会において、人々から尊い存在と扱われ、成功する事が出来るのです。

あなたの頭の中には素晴らしいアイデアが沢山眠っています。是非ともそれらを有効に使い、あなたも成功者という立場の人間になるようにしましょう。

しかしそれを実現するには、自分1人の力で行動しているだけでは難しいです。あなたの上司や所属部署等での仲間達、取引先の会社、知り合い等といった、多くの人達を説得して理解と協力を受ける事が必要であり、その上で数々の困難の壁を乗り越えなければなりません。

もしも誰かが提示したアイデアに対してあなたの上司や仲間達が「あんなの俺だって考えていた」という口癖を言った時には、「だったら、今すぐあなたのアイデアを現実でやってみましょうよ」と、ハッキリと相手に「行動しよう」と伝えてみましょう。そして彼らを説得して共にアイデアを頭の中から出して行動に移し、成果を次々に上げるようにしてみましょう。

つべこべ言わずに、先ずはその行動を始めてみましょう。それと共にあなた自身も、あなたが考えているアイデアを直ぐさま行動に移す、最初の人間になってみましょう。

行動出来る人間だけが社会において、尊い人間の1人として成功する事が出来るのです。是非ともあなたの頭の中の素晴らしいアイデア達を、現実のものにしてみましょう。

はらいかわてつや

帰りにくい職場でも仕事が終わったら「お先に失礼します」と言って帰っちまいな。

33.jpg
こんにちは、はらいかわてつやです。

サラリーマンとして会社で毎日仕事をしている中で、何が一番愚かでバカバカしい事かと言いますと、「周囲が未だ残っているから。あの人が未だ仕事をしているから」というよく分からない理由で、自分の仕事はとうの前に終わっていても、周囲と一緒に帰らないといけないという空気を感じてしまってズルズルと職場に残り続けているという、意味のない残業の必要性です。

大抵は仕事の遅い先輩や上司が原因になっているのですが、仕事の出来ない彼らにあなたが無理に合わせてしまっていては、あなたの精神衛生上、非常に宜しくはありません。

勿論、光熱費やその他の経費等もあなたが残っている分、余計に掛かってしまっています。会社の経営の関係上でもそれをする事は、無意味で宜しくは無いのです。

余計な残業は、本来は全く必要無い事です。しかし悲しいかな今の日本では、そのような残業の仕方をしている人々が、あなたを含めて非常に多いのではないでしょうか?

ここは1つ、正義のヒーローのように、そのような間違った常識を破ってみてはどうでしょうか。

「社会でのタブーでは無いのか。その挑戦こそ無意味では無いのか」と、あなたは不安に感じるかもしれません。しかし勇気を出して、仕事が終わったら速やかに「お先に失礼します」と元気な声で上司や先輩に告げて帰るようにしましょう。

サービス残業が当たり前だと考えているような職場にあなたが勤めている場合、始めは未だ仕事の終わっていない多くの人から顰蹙を買ってしまうかもしれません。

しかし顰蹙というのは、実は仕事が早く終わったあなたに対して「羨ましい」と思っている気持ちの裏返しなのです。

よっぽど仕事が大好きでは無い限り、他の人達も本当は直ぐに帰りたいのです。しかし、帰る事が出来ずに何時までも、今のあなたのように無意味な残業を繰り返してしまっています。

彼らの為にも、あなたが先ず行動をしてみましょう。あなたが行動をする事によって、他の人達も帰れるようになり、結果として職場全体が早く帰れる、居心地の良い場所になるのです。

もしも上司や先輩から「どうしてそんなに早いんだ?仕事はちゃんと終わったのか」と、あなたが帰る事を妨げられようとした時には、「明日の準備も終わりました」と嘘でも良いので即答しましょう。

決して無意味に残ろうとしてはいけません。あなたの時間を有意義に過ごせるように、仕事が終わったら直ぐに帰るようにしてみましょう。

ご参考までに。

はらいかわてつや

LINE@に登録すると・・・



現金十万円が手に入る
マニュアルをプレゼントします。



応募は今すぐ登録

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
@richbrain

先着10名限定プレゼントなので、
お早目に!

Copyright © はらいかわてつや All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます